AIやロボットが進化した近未来、人はより「人らしく」生きられる[前編]

「AI」と「ロボット」はこの先の新しい社会を構築する上で、重要となる分野です。しかし言葉だけがひとり歩きして、実際に「AI」が何をしてくれるのか、「ロボット」がどのように生活に関わっていくのか、しっかりと理解できてない人も多いはず。そこでAI技術のキーパーソンに「AI」や「ロボット」についてインタビューを通して理解していきます。

3回目はオムロン サイニックエックス*¹でリサーチエンジニアを務める西村真衣さんと、先に登場した牛久祥孝さんフェリクス・フォン・ドリガルスキーさん、そしてモデレーターにアントレプレナー / フューチャリストの小川和也さんを迎えて、社会実装されたAIによって、人はどのようになっていくのかなど、未来のAIについてお聞きします。

*¹ オムロンの考える"近未来デザイン"を創出する戦略拠点。
https://www.omron.com/sinicx/

シリーズ一覧
第1回:すでに私たちのそばにあるAI[前編][後編
第2回:私たちを助けてくれるこれからのAIとロボット
第3回:AIやロボットが進化した近未来、人はより「人らしく」生きられる[前編][後編

 

ロボットを研究する上でのAIの必要性

小川和也(以下、小川):AIといっても範囲は広いと思いますが、まずはみなさんの研究内容についてお聞かせください。

牛久祥孝(以下、牛久):画像や映像を客観的に人間にわかりやすい言葉で認識したり、逆に言葉から同じような内容の画像や映像を認識するような、画像認識AIの研究に取り組んでいます。今までの画像認識では、人がどこに写っているかの検出のみを機械学習で行っていました。私が取り組んでいる研究はそれだけではなく、ある画像をAIが見たとき、人間だったらどのようなテキストでこれを説明するかというのをAIが考えるというものです。

フェリクス・フォン・ドリガルスキー(以下、フェリクス):私はロボットとAIを組み合わせた研究をしています。ロボットがプログラミングされた決まった動きだけではなく、AIによって、周囲の環境や状況が変わっても設定した目的(ゴール)を達成できる動作を再現するといったものです。

たとえばロボットアームは、透明な物体や柔らかいもの、ちょっとでも大きさや形が違うものを掴ませるだけでも難しい。それを、AIを使うことでロボット自らが学習して柔軟に対応できるようになるための研究を進めています。

西村真衣(以下、西村):私は主にAIを組み合わせたロボットのナビゲーションシステムの研究をしています。人が介在する環境下において、ロボットが目的地にたどり着くために、常に変化している周りの環境に合わせて最適な移動経路を導き出して意思決定をするというところにAIを使っています。

小川:周囲の環境、状況に応じて自律的に動くロボットとなると、フェリクスさんのロボティクスの研究の違いは?

西村:私の場合はコンピュータービジョンの研究分野をロボットと組み合わせて、人間や動物と同じようにロボットが「目」で周囲の状況、人のふるまいといった動きなどを把握するイメージです。

304_2.jpgオムロンサイニックエックス 西村 真衣

小川:AIとロボットを組み合わせた研究を実現するにあたっての課題はなんでしょうか?

フェリクス:コンピューター上ですべて完結する研究と違って、トライ&エラーに膨大な時間がかかるのが難しい点かなと。

西村:ロボットナビゲーションにおいても、ロボット学習のために、実際にロボットを動かしながらランダムな人の動きのパターンや最適な経路データを集めるのに膨大な時間がかかってしまって、とても大変です。
実世界での人の振る舞いを模倣したシミュレーション環境を構築し、その中でロボットの学習や評価を行う研究を進めていますが、シミュレーション環境で学習したAIをリアルな環境にどう上手く転用するかも課題になっています。

フェリクス:自然言語を理解するAIの研究などと比べると、ロボティクスは大変ですね。たとえば「スマートスピーカー」を使った実験であれば、失敗してももう一度問いかけるくらいですが、ロボットの場合は失敗したら何か壊してしまう可能性もありますよね。なので、実験するにはコスト、セットアップへの時間などがかかるため、気軽に実験ができません。

 

人とロボットが共存する環境づくり

小川:AIの研究はどのような方向性で進んでいくと思われますか?

牛久:AIとロボティクスの両面での研究がますます進んでいくと思いますね。 日本のロボティクス技術は相対的に見ると国際的にも存在感はあり、新しい技術が生まれてくると思っています。例えば国際会議も日本のロボット学会がIEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)*²と共催しています。

一方でAIに関していうと、アメリカを中心として、そこに中国も加わり国際的にすごく存在感を出している。AI分野では日本はまだまだこれからといった状況かなと。

小川:ロボットだけでもAIだけでもダメで、両方の研究がなぜ必要なのでしょうか?

西村:両方の研究を進めることで、人の生活に溶け込むロボット、人間が指示をしなくてもAIによって自律的に動くロボットが身近にいる世界を実現できると考えています。そこではロボットが、人の持っている機能、身体性を引き出してくれる存在として、活躍してくれるかなと。将棋や囲碁の世界でも棋士がAIと対局することでレベルアップしていくことも起きていて、AIソフトが人のパートナーとして重要な存在になっているのは、興味深いです。

フェリクス:自分もそう思います。ロボットとAIによって、将来ロボットは今よりもできるタスクが増え、自分の苦手なことをロボットがマルチにやってくれる、そんな世界を少しでも早く実現できるのではと思います。

小川:ロボットとAIの研究が進むことで、私たちの生活の中でロボットはより身近な存在になりそうですね。

西村:そうですね。人とロボットが共存する世界に向かっていく中で、バリアフリーの次にロボットフレンドリーがくるのかなとも思います。ロボットが人の生活環境にあわせるのではなく、ロボットが自由に動きまわれる環境をつくっていく感じです。そうすれば、家庭にロボットが導入される日が来るのは早くなるかなと。
工場だと、ロボットの導入が前提として作られていて、ロボットの導線が確保されていたり、天井にレールがあってロボットアームが動かせるようになっていたりしますよね。

牛久:工場の例のように、ロボットと人間ができることをある程度一緒にしたような場では、人がロボットの動きやすいように動いてくれるとか、ロボットがその中でより賢く動くようになるといったような形で、「機械が人の成長」を引き出すだけでなく「人が機械をより成長させたり助けたりする」ような人と機械の協調があるのではと感じます。

小川:ロボットが人の社会に溶け込んでいくというのが、ポイントとなってきそうですね。

304_3.jpg

*² アメリカ合衆国が本部の電気・情報工学分野の学術研究団体、技術標準化機関

 

[まとめ]
近未来において、ロボットが人の社会で共存する社会を作り出すためには、AIは不可欠なもの。そのためのロボットとAI、画像認識といった様々な領域の研究をこれからも進めていく必要がありそうです。

インタビュー後半では、その先の未来でAIやロボットがどのように人と関わっていくか。オムロン サイニックエックスでAIやロボットを研究する3人ならではの具体的なビジョンをお聞きします。

 

【プロフィール】
オムロン サイニックスエックス株式会社
プリンシパルインベスティゲーター
牛久祥孝(うしく・よしたか)
2014年、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了、NTTコミュニケーション科学基礎研究所入所。2016年に東京大学情報理工学系研究科講師を経て、2018年10月より、オムロン サイニックスエックス株式会社のプリンシパルインベスティゲーターに就任。2019年より、株式会社Ridge-i Chief Research Of-ficer、現在に至る。主として画像キャプション生成など機械学習によるクロスメディア理解の研究に従事。

 

オムロン サイニックエックス株式会社
ロボティクスグループ
シニアリサーチャー
フェリクス・フォン・ドリガルスキー
2013年、KIT(ドイツ)とINSA Lyon(フランス)を同時卒業(Dipl.-Ing. と Ingenieur diplômé[機械工学])。2018年、奈良先端科学技術大学院大学のロボティクス研究室を卒業(博士[情報])。AIST, Siemens, ThyssenKrupp などでの職務経験を経て2018年10月より、オムロン サイニックエックス株式会社のシニアリサーチャーに就任、現在に至る。主として、ロボットマニュピレーション、プランニングおよび自動組み立て操作などのロボティクス研究に従事。

 

オムロン サイニックエックス株式会社
リサーチエンジニア
西村真衣(にしむら・まい)
2015年、京都大学大学院情報学研究科修士課程修了、NTTサービスイノベーション総合研究所に入所。2017年より株式会社Fixstarsシニアエンジニアを経て、2019年よりオムロンサイニックエックスにてリサーチエンジニアとして入社。2020年より、京都大学大学院情報学研究科社会人博士課程に在籍し、現在に至る。主として混雑環境下における環境認識及びロボットナビゲーションの研究に従事。

 

グランドデザイン株式会社代表取締役社長CEO、北海道大学客員教授
アントレプレナー / フューチャリスト
小川和也(おがわ・かずや)
慶應義塾大学法学部政治学科(計量政治学専攻)卒業後、アントレプレナーとして独創的なアイデアで新しい市場を切り開く一方、フューチャリストとしてテクノロジーに多角的な考察を重ねて未来のあり方を提言している。『デジタルは人間を奪うのか』(講談社)、『未来のためのあたたかい思考法』(木楽舎)など著書多数。

人の知見を機械に組み込む「Sensing & Control + Think」技術。

この技術の最新動向をお届けします。

オムロンと一緒に、社会的課題を技術で解決しませんか?

関連記事