村田製作所とオムロンが取り組む日本最大級のカーポート型太陽光発電システム

―誰もが使えるクリーンエネルギーで持続可能な社会の実現を目指してー

近年、気温の上昇や大雨の増加など、気候変動の影響が各地で現れています。これに対して、2015年に採択されたパリ協定以降、世界でその対応が加速しています。中でも、太陽光や地熱、風力といった再生可能エネルギーは、CO2などの温室効果ガスを排出しないクリーンエネルギーとして活用が期待されています。しかし、日本の再生可能エネルギー比率は約16%(2017年度)で、ドイツやイギリスといった諸外国と比べまだ低い水準とされているのが現状です*1。再生可能エネルギーの普及に向けた課題は様々ありますが、特に太陽光発電は、十分な広さのスペースを確保する必要があります。

今回は、太陽光発電システムの設置場所が少ない日本において、再生可能エネルギー活用を目指す、株式会社村田製作所とオムロン フィールドエンジニアリング株式会社(以下、OFE)の取り組みを紹介します。

1,200台分の社有駐車場が、巨大な太陽光発電システムに

村田製作所は、気候変動対策の強化として、事業活動にともなう消費電力における再生可能エネルギー量の拡大と、地域のCO2排出量削減に取り組んでいる企業です。

こうした事業運営に取り組む村田製作所では、2012年ごろから国内の事業所に太陽光発電システムの導入を進めています。2017年度には、株式会社岡山村田製作所(セラミック原料・多層デバイス・インダクタの製造を手がける生産子会社)でも検討を始めましたが、太陽光発電システムを設置する場所が課題でした。

そこで村田製作所は、OFE主催の省エネルギーセミナーに参加するなどで以前から付き合いがあったOFEに声をかけました。

プロジェクトに参加することになったOFEがまず着目したのが、1,200台分の社有駐車場です。プロジェクト対象となった、岡山村田製作所は郊外にあり、従業員の通勤もマイカーが中心です。この駐車場を活用すれば、日照条件が良く広大な敷地面積を確保でき、大量の再生可能エネルギー電力の創出が実現できます。さらに、カーポート(屋根と柱から構成される簡易車庫)型とすることで、夏場には日よけの役割を果たし、車内の室温上昇を抑える効果も期待できます。

反射光も発電エネルギーに変える両面発電パネルで発電効率を向上

218-02.jpg

しかしカーポート型の太陽光発電システムは、架台の高さを確保する必要があり、安全性にも一層の配慮を求められることから、投資額の増加は避けられません。これを導入するにあたり、OFEが提案したのは、表面のみならず裏面からの光でも発電可能な両面発電パネルの利用でした。通常はデッドスペースとなる裏面からの発電により同一の設置面積からの発電量を向上させることができます。さらにこの発電効率の高いソーラーパネルに、オムロン独自の太陽光発電システムの保守サービスであるソラモニ*2を組み合わせることで、故障により突然発電が止まってしまうような事態を防ぎ、運用後も長期にわたる発電量の維持と最大化を実現しています。

村田製作所のご担当者は、このように話します。

「OFEから提案されたパネルは、上からの太陽光だけでなく、下からの反射光も利用した両面パネルだったので非常に発電効率が良いんです。当初、裏面の発電はわずかなんだろうと思っていましたが、カーポート型にしたことで屋根部分まで高さがあるため、想定以上に発電しています。」

担当したOFE EMエンジニアリングSE部 井本 泰雄(いもと やすお)はこう語ります。

「太陽光発電システムは、設置して終わりではありません。屋外の広大な施設であるため、その保守メンテナンスも導入のハードルになることが多くあります。オムロンはこれまで40年以上にわたり、様々な社会インフラの保守を担い、ITでそうした課題の解決をサポートしてきました。設計・施工だけでなく、ソラモ二の提供を通じて、再生可能エネルギーの普及という社会的課題に貢献していきたい

218-03.jpg

今回のテーマを担当した
OFE EMエンジニアリングSE部 井本 泰雄

日本の太陽光発電のベストプラクティス

年間で一般家庭600世帯以上分の消費電力に相当する発電を可能とし、1,698トンものCO2削減効果をもたらした岡山村田製作所の事例は、太陽光発電システムの設置可能場所が少ない日本におけるベストプラクティスとして、2021年に向けてさらに550台分の駐車スペースへの拡大と約1.5倍の発電能力の向上が予定されています。

オムロンはこれからも、再生可能エネルギー導入を促進することで、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。

*1 出展:資源エネルギー庁調査
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/outline/index.html
*2 ソラモニは、OFEが提供する太陽光発電システムのオペレーション&メンテナンスサービス。
詳しくはこちらから

人の知見を機械に組み込む「Sensing & Control + Think」技術。

この技術の最新動向をお届けします。

オムロンと一緒に、社会的課題を技術で解決しませんか?

関連記事