クルマと過ごす時間が人生をより輝かせてくれる

タイ社会とオムロン

今日はどこへ出かけ、クルマとどんな時間を過ごしましたか?

ドライブを楽しみながら、お気に入りの景色を見に行く。
なつかしい友人が待つ場所へ家族とクルマを走らせる。
将来の夢を大きく膨らませながら、大切な取引先がある街までハンドルを握る。
世界中の人々にとって、クルマはただの移動手段ではなく、人生にかけがえのない時間や大きな喜びをもたらせてくれる大切な存在となっています。

クルマが日常の風景になりつつあるタイでは、環境にやさしく燃費も良い小型車への関心や、ドライバーだけでなく、歩行者にとっても安全で安心できるクルマ社会への期待も高まりつつあります。

私たちオムロンは、人とクルマの絆をもっと深めるために、クルマによる排気ガスによる環境汚染や交通事故を少しでも減らすことができればと考えています。

もっと安全に、もっと快適にと、クルマは進化しています。

img19_1.jpg

私たちオムロンは、1983年に自動車部品事業を始めて以来、すべての人にとってクルマがもっと安全・安心で快適なものであってほしい、もっと環境に優しい存在であってほしいと考え、私たちの持つユニークな強みである"センシング&コントロール技術"を活かして、自動車メーカー様とさまざまな未来を描きながら、それらをひとつひとつ実現してきました。

私たちの技術から生まれた、前方のクルマや障害物との距離を測る「高精度距離センサ」は、危険を瞬時に察知し、衝突の被害を軽減するためのセンサです。他社に先駆け開発したこのセンサにより、自動車メーカー様が取り組む「より安全なクルマ」の実現に貢献してきました。

また、今では当たり前になっている、ハンドル操作をアシストする電動パワーステアリングコントローラを世界で初めて製品化したのも私たちオムロンです。
それまでの油圧を使う方式では、ハンドル操作をしない時でもガソリンを消費していました。私たちオムロンが製品化した電気で動くモータ方式では、ハンドル操作のときだけモータを動かせばよいため、クルマの燃費は約5%も改善されたのです。
さらには、油圧方式に必要だったポンプやアクチュエータなどの部品が不要になり、クルマをより小型化したり軽量化したりすることもできるようになりました。

クルマが持つ可能性をもっと大きく広げたい。

img19_2.jpg*OMRON Automotive Electronics Co., Ltd. (Ayutthaya, Thailand)

私たちオムロンは、タイ工場をASEANの自動車メーカー様へ自動車部品を供給する大切な拠点と位置付け、地域や地元の人々に密着した事業を展開しています。
そして、人、環境、クルマがよりよい関係をつくることができる、未来のクルマ社会に向かって私たちの夢は今日も走り続けています。

さぁ、クルマを運転して、明日は誰とどこに行こう?
今日より楽しい明日のために。
機械には、人のためにできることがもっとある。

いま、多くの自動車メーカーが取り組む「ぶつからないクルマ」。オムロンが開発する「高精度距離センサー」もそれを担うテクノロジーで、危険を瞬時に察知し、人間の運転をサポートします。無事に目的地に着き、 一緒に景色を楽しむ。
オートメーションの進歩は、大切な親友とのドライブも安全に支えています。

img19_3.jpg

人の知見を機械に組み込む「Sensing & Control + Think」技術。

この技術の最新動向をお届けします。

オムロンと一緒に、ものづくり/ヘルスケア/モビリティ/エネルギーマネジメントの

社会的課題を技術で解決しませんか?

関連記事