豊かで快適な暮らし、そして社会を

タイ社会とオムロン

快適になることが、電気料金の負担になっていませんか?

アジアの暑い夏。
家に帰ると冷蔵庫で冷たい飲み物が待っている。
暑く寝苦しい夜も冷房で快適に眠りにつくことができる。
私たちの身の回りには暮らしを快適にする色んな製品があります。
そして、生活が便利になる様々な製品が工場の機械でたくさん作られるようになると、工場のエネルギー使用量も大きくなります。
家計でも、生産現場でも、電気料金の悩みは尽きないものです。

img17_1.jpg

経済成長を続けるタイでは、供給電力の約9割を周辺諸国に頼っていて、ASEAN諸国の中でも割高な電気料金が家計や経済成長の大きな負担になっています。
再生可能エネルギーを上手に生みだす、工場での消費エネルギーを抑えるなどの取り組みで、大切なエネルギーを効率よく使っていこうという動きも活発になってきました。
私たちオムロンは、エネルギーを効率的に生み出す技術、効率的に使うための技術で電気料金をなるべく抑え、タイ社会の継続的な発展に貢献できるのではないかと考えています。

家庭の電気料金をなるべく抑えたい。

img17_3.jpg

自分たちが使う電気は自分たちで作る。
もし自分たちで作った電気が余ったら電力会社に売る。
こういうことが出来れば快適な生活を維持しながらも電気料金に悩まずに過ごせるのではないでしょうか。

オムロンでは、私たちの強みである"センシング&コントロール技術"を活かして太陽光パネルで発電したエネルギーを家庭で使える電気に変える「ソーラーパワーコンディショナー」を開発しています。
累計生産台数が100万台を超えるなど日本で広く私たちの製品が使われています。 私たちオムロンは住宅用の「ソーラーパワーコンディショナー」国内トップメーカーの位置を有し、再生可能エネルギーの普及に貢献しています。

製造工場でのエネルギーコスト削減に貢献したい。

img17_4.jpg

私たちオムロンは家庭だけでなく、工場のエネルギーの使用量を減らすことにも貢献しています。ものづくりをするメーカーである私たちオムロンにとっても、自社工場のエネルギー使用量を減らすことは大きなチャレンジになっています。

自社工場では、エネルギーを製造コストとして捉えて、無理なくエネルギーの消費を抑えることに成功しています。
生産現場でのエネルギー消費量を誰でも一目に分かるようにし、現場で働く人が様々な機械のデータを見てアイデアを出し、ものを作ってないときの電気使用量を減らすなどの改善を続けています。
こうして出てくるアイデアで、ものづくりの生産性に悪い影響を与えることなく、生産に使う電力を2年間で19.4%も減らすことができました。
この自社工場での省エネの取り組みは日本国内で省エネ大賞「経済産業大臣賞」(※)を受賞するなど高い評価をいただいています。
エネルギーを分かるようにして効率的に使うための技術や自社工場での実績をもとに、私たちのお客様である工場の省エネに世界中で貢献しています。

大切な電気を無駄なく大切に使うために。

人々が電気代を気にせず安心して電気を使うことができる日常や、少ないエネルギーで生産できる工場を目指して、私たちオムロンは新たな技術開発やご提案を続けていきます。

人々の豊かで快適な生活のために。
機械には、人のためにできることがもっとある。

※省エネ大賞「経済産業大臣賞」の受賞についてはこちらをご覧ください。

オムロンがめざしているのは「便利」だけではありません。テクノロジーの力で、もっと笑顔を増やしたい。
もっと夢を叶えたい。たとえば、どんな球を打っても一番打ちやすい場所に返してくれる卓球ロボット。
誰でも長くラリーを楽しむことができる、センシング&コントロール技術のシンボルです。
オートメーションの進歩は、今までできなかった事を可能にし、新しい幸福を生み出すと信じています。

img17_2.jpg

人の知見を機械に組み込む「Sensing & Control + Think」技術。

この技術の最新動向をお届けします。

オムロンと一緒に、ものづくり/ヘルスケア/モビリティ/エネルギーマネジメントの

社会的課題を技術で解決しませんか?

関連記事